中国福建省から高校生が来校

11月11日(月)、中国福建省から高校生28人が「日中植林・植樹国際連携事業」の中国高校生訪日団として来校しました。昼休みを利用しての生徒交流、書道や国語の授業でのグループワークのあと、ブロック塀がネットフェンスに変わった体育科横のスペースに記念植樹をしました。当日は生徒会執行部の生徒の進行により執り行われ、とても盛り上がりました。トキワマンサクとレッドロビンが生徒交流のように根付きますように。